routemaps

飛行ルート図

2016年11月10日からのからの航空路・ウェイポイント(最終回)

10月と11月で航空路に多数の変更があります。この機会に私家版航空路(エンルート)マップとウェイポイント(位置通報点)マップを改訂しました。

個人的にこういうものが見たいというだけの話で、実用性はないです。ゆえに、10月分の改訂日が未到来なのに、その先の図を先取りで出してしまいます。

Enrmap201611

初期表示は"ROADMAP"になっています。左上のタブで"Terrain"にチェックを入れれば変更できます。


以下、航空路関係の変更箇所を抜書きします。内容は航空路誌改訂版をご確認ください。

10月13日

航空路の改正
Revision of AWY : G339

RNAV 経路の設定及び改正
Establishment of RNAV route : Y110
Revision of RNAV route : Y121

直行経路の設定及び改正
Establishment of direct route : OBE-ERIMO
Revision of direct route : KSE-OBE

11月10日

航空路の改正
Revision of AWY : A597, G339, V28, V40, V53, V71
Revision of AWY : V13

洋上転移経路の改正
Revision of oceanic transition route : OTR25

RNAV 経路の設定、改正及び廃止
Establishment of RNAV route : Z262
Revision of RNAV route : Y293, Y46, Y48, Y52, Y522, Y523, Y525, Y526, Y535, Y562, Z25, Z26
Revision of RNAV route: Y293, Y52, Y523, Y525, Y535
Abolishment of RNAV route : Y564, Y566

直行経路の改正
Revision of direct route : IZUMI-KAIFU, OYE-MIMMY, OYE-KTE, OYE-TAKMA, OYE-YUBAR,
OLIVE-ARIMA, TSE-NIKAK, KTE-WASYU, NIKAK-SAEKI
Establishment of direct route : SUC-RYUGU
Revision of direct route : MVE-CHE, WKE-KONBU, YTE-SDE, YTE-GTC
Abolishment of direct route : SUC-KOBIK

続きを読む "2016年11月10日からのからの航空路・ウェイポイント(最終回)" »

2025年に向けて、エンルート空域、管制部再編へ

2年ほど前から、札幌管制部が廃止される、那覇管制部が神戸に移転する、といったニュースがチラチラと流れていました。航空路管制を2拠点制に再編する、と読める資料※も国交省サイトに掲載されています。

※航空交通量の増大に対応した管制空域のあり方(国土交通省航空局 平成25年10月30日)

最近開催されたCPWGの資料で、もう少し具体的な内容が提示されています。

要点としては、(1)航空路(エンルート)管制の上下分割、低高度は東・西2拠点制、(2)進入(ターミナル)管制の集中化、と読み取れます。

航空路管制は、高高度1(福岡)、低高度2(東京、神戸)の3センターに再編され、相互にバックアップが可能な構成になるとのこと。

続きを読む "2025年に向けて、エンルート空域、管制部再編へ" »

新千歳→大阪(伊丹)の飛行ルートが変更(2013年9月19日~)

「AIC Nr 038/13 飛行計画経路の変更について」によれば、9月19日から新千歳/函館→大阪(伊丹)間の飛行ルートが、現行の新潟-松本-河和経由から、小松-若狭湾上空を経由する日本海側ルートに変更されます。

新千歳→関西、伊丹(新・旧)、神戸の一覧ルート図を作成しました。(非RNAVルートは省略しています)

CTS-ITM

東側の茶色線は現行の新千歳→伊丹ルート

紫線が同じく9月19日からの新ルート

ピンク線は新千歳→神戸(変更なし)

青線は新千歳→関西(変更なし) 青細線はCDR(調整経路、軍用空域開放時のルート)

全体図↓

続きを読む "新千歳→大阪(伊丹)の飛行ルートが変更(2013年9月19日~)" »

航空図(チャート)を無料で入手する(1) AIS JAPAN

数回に分けて、電子化された航空図(チャート)を無料で入手(ダウンロード)できるWEBサイトの情報を書こうと思います。昨今、主要国の多くでは、官製航空図や航路データがPDFなどの形式で無料提供されています。

官製航空図を提供するAISサイトの多くが一般に公開されていますが、一部、ユーザー登録を要求している国や機関もあります。日本国もその一つです。

電子航空路誌の提供開始を知らせる国土交通省の発表↓

電子航空路誌(eAIP)の提供開始について
~いつでも、どこでも、正確な情報提供を目指して~
平成21年8月26日

 平成21年8月27日から、当課航空情報センターは国際民間航空機関(ICAO)が推進する「航空情報業務(AIS)から航空情報管理(AIM)への高度化」の一環として、電子航空路誌(eAIP)の提供を開始します。

 これにより、インターネットに接続する環境があれば、いつでも、どこでも航空路誌(AIP)を閲覧することが可能となります。また、最新の航空路誌を納めたDVDの提供も開始します。

 電子航空路誌(eAIP)は、その利用日に有効な情報が自動的に反映され表示されるため、常に正確な最新情報を確認することができます。
 なお、従来からの印刷物の航空路誌についても、引き続き提供を継続します。

<電子航空路誌(eAIP)の提供方法>
 インターネット及びDVDによる提供

<URL>
 https://aisjapan.mlit.go.jp

 ※インターネットによる閲覧は無料ですが、ID及びパスワードの登録が別途必要となります。
 (ただし、既にノータム閲覧のために登録済みの場合は、新たに登録する必要はありません。)

http://www.mlit.go.jp/report/press/cab15_hh_000013.html

続きを読む "航空図(チャート)を無料で入手する(1) AIS JAPAN" »

その他のカテゴリー