« 羽田空港新飛行ルート(南風時)と管制空域(2) | トップページ | 航空管制での「データリンク」活用が拡大へ »

各地のVORやILSが工事で代替施設運用中(2016年9月)

(追記 2017.4.30)

関宿VOR/DME休止期間中、野田VOR/DME(NDE) が一時運用

平成29 年3 月30 日0000JST から平成29 年9 月13 日2400JST まで

(詳細は、AIP SUP NR016/17)

NDEの位置、Google Mapへリンク↓

https://goo.gl/maps/uos9AYDcaB42

↑使用ブラウザにより、NDEの画像が表示されたり、されなかったりの現象あり。

SkyVectorでは、SYE (RNAVのSEKIYADO point)を選ぶと"PLUTO2"、NDEを選ぶと"SYE2"(代替方式のSEKIYADO TWO DEPARTURE)が表示されます↓

Skyvndevor201704


(追記 2017.2.19)

松山VOR/DME (MPE)は空港外にありますが、新・松山VOR/DME (MYE)が滑走路横に設置されたようです。

MPE MATSUYAMA VOR

MYE MATSUYAMA VOR(2017.2.2~試験電波)


(追記 2016.10.22)

運用休止施設(AIP SUP NR154/16)

2016.11.10-2017.6.21
入間TACAN(YLT) → WWT


現在、多数の無線航法施設が、工事のために休止され、代替施設が運用されています。今後の予定も含め、簡易な一覧表を作ってみました。

吉備VOR/DME,岡山ILS,香川VOR/DME,八尾VOR/DME,紋別VOR/DME,山形VOR/DME,鵡川VOR/DME,稚内VOR/DME,福岡ILS,築城TACAN,武蔵VOR/DME,国分VOR/DME

Altnavaids201609

詳細は、各AIP SUP(航空路誌補足版)やNOTAMでご確認ください。(AIP SUPは、後日差し替え版が出ることもあります)

9月15日からは、福岡空港RWY16のILSが休止期間に入り、可搬型の装置が運用されます。

また、代替ILSに接続するSTAR(標準計器到着方式)として、"PREMO EAST ARRIVAL"と"PREMO WEST ARRIVAL"が一時設定されます。

可搬型ローカライザーは、0.76度のオフセット配置となっています。

とはいうものの、福岡空港ではILSよりもRNAV進入を優先的に使うことになっています。RNAV進入が使える条件にあれば、通常時のILSとほとんど変わらず、オフセットのない進入が可能です。

(関連記事)
(2014年)12月11日からの航空路・ウェイポイント、3空港にRNP AR進入新設、など
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/enr-airac-1413.html

RNAV進入とオフセットローカライザーの各コースを比較してみました。

Fukaltils16

http://arctica1.cocolog-nifty.com/201609/fuk-alt-ils-201609.html

おそらく、乗客目線ではまったく区別が付かないと思われます。

上図の界隈をストリートビューで”徘徊”すると、福岡VORTACの工事中に運用されていた仮設VORが写りこんでいました。(海中VOR/DME、2014年)

航空路(エンルート)用VORが工事中の場合、このような仮設VORを使った代替経路が指定されます。

SkyVectorのチャートには、一時運用のVORも反映されています。下図では、稚内VORの代替となる抜海VORが載っています。

Skyvectorwkebakkai

https://skyvector.com/?ll=44.85379196209905,142.95556641069007&chart=304&zoom=3

RNAVルートについてはVOR休止の影響はなく、上図で"WKE"とあるのは「ワッカナイ・ポイント」を表しています。

「山形VOR(YTE)」が休止中でもRNAVルートはそのままYTE(ヤマガタ・ポイント)の例↓(8月29日)

CBE MORIZ TSUGU CHAUS TENRU Y88 GYODA Y882 ONUMA Y883 YTE Y11 CAPLY Y11 CHE TBE B932 ODERI B932 NETRI B932 OTLER B932 BAMOK B932 EPLOS B932 MCG GKN J511 YXY YXJ YEG VLN DLH GRB POLAR5

http://flightaware.com/live/flight/DAL630/history/20160828/0735Z/RJGG/KDTW


代替経路によるルート例(10月某日 CAL011)

N0505F280 DCT JFK J70 LGA J223 CORDS J132 ULW DCT BUF/N0500F300 DCT SSM DCT 53N090W/N0483F320 DCT YGX NCA19 ALSAB DCT YVQ DCT 6629N14100W DCT FYU DCT OME R338 IDROD/M084F340 R338 ROCET B241 RUSOR/K0887F340 B241 SUNIP/K0886F360 B241 PAKLI B337 ANIMO/N0478F360 B337 AWE Y116 CHE V30 HWE Y12 TAPPI Z16 SPIDR/N0490F380 Z16 MIHOU Y45 MARCO DCT DONKO DCT KKE DCT PRIDE DCT BARBA V54 HKC A1 BULAN/N0490F380 A1 DRAKE DR1A

(出典:STATE ATM)

« 羽田空港新飛行ルート(南風時)と管制空域(2) | トップページ | 航空管制での「データリンク」活用が拡大へ »

routemaps」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/67432499

この記事へのトラックバック一覧です: 各地のVORやILSが工事で代替施設運用中(2016年9月):

« 羽田空港新飛行ルート(南風時)と管制空域(2) | トップページ | 航空管制での「データリンク」活用が拡大へ »