« 中部・関西・那覇 RNAV発着ルートマップ | トップページ | Trans-Siberian Air Route Map (シベリア横断航空ルートマップ) »

リオデジャネイロのRNP AR進入(サントス・ドゥモン空港)

今回は、間もなくオリンピックが開幕するリオデジャネイロの特異な空港事情を調べてみました。(ただし、現地事情には疎く、行ったこともないため、記事タイトルのとおり偏った内容です)

リオ市街地に近接する(中心部から約2km)サントスドゥモン空港(SBRJ / SDU)では、航空(空港)ファンにとっては常識破りとも言えるような、驚くべき運用が日常となっています。

SDU空港には滑走路が2本ありますが、長いほうでもわずか1323メートル。にもかかわらず、当たり前のようにB737-800やA320が発着しています。これらの機種の離着陸には2000mは必要というのが通り相場で、よく「短い」と言われるジョン・ウェイン空港(KSNA、米・カリフォルニア州)でも1738mあります。

Santos Dumont Airport Guide
http://www.aeroportosantosdumont.net/en/

国際線については、ガレオン(トム・ジョビン)空港(SBGL / GIG)に発着します。(中心部から約20km)

Rio Galeao - Aeroporto Internacional Tom Jobim
http://www.riogaleao.com/en/

SDU空港図

Sbrjadc201501(図: AIP Brasil)

圧巻なRWY02Rへの進入・着陸 (2010年、NDB進入)(YouTube)

動画でわかるとおり、滑走路の前後は海で、オーバーランすればただちに”ドボン”となってしまいます。が、英語版Wikipediaによれば、1973年に、離陸を中止したVASP航空のYS-11(!)がオーバーラン事故を起こして以降は無事故を続けているようです。

Santos Dumont Airport (Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Santos_Dumont_Airport

もちろん、通常仕様のB738では無理があるので、短滑走路に対応するオプションが装備されています。

Boeing Delivers First 737 with Enhanced Short Runway Package to GOL
http://boeing.mediaroom.com/2006-07-31-Boeing-Delivers-First-737-with-Enhanced-Short-Runway-Package-to-GOL


SDU空港のデータあれこれ

  • 2015年発着回数は約12万回(新千歳より少なく、セントレアより多い)
  • 2015年旅客数は約960万人(2014年度セントレア 975万人)
  • スポット数 21(うち、搭乗橋 8)
  • 敷地面積は約80ha(調布飛行場の2倍ほど、セントレアは約470ha)
  • サンパウロ・コンゴニャス(SBSP / CGH)空港と結ぶ定期便は1日片道60便以上

(旅客数が近いセントレアと比べましたが、貨物は少なく、同等レベルの運用をしているという意味合いではありません)


特に、南側からの進入(RWY02)は障害物(山)が多く、難しいものになっています。

Sdupositionita(図出典:資料1)

(資料1)
ENVIRONMENTAL IMPROVEMENTS WITH RNP PROCEDURES: THE SANTOS DUMONT AIRPORT CASE
http://www.wctrs.leeds.ac.uk/wp/wp-content/uploads/abstracts/rio/general/2921.pdf

2012年からRNP AR進入方式が実施され、滑走路直前までauto pilotで曲線進入が可能となりました。

全社が運航許可を取っているわけではなく、許可社も他の進入方式と併用しているようです。進入・着陸の動画が多数投稿されていますが、「これはRNP AR」と見分けがつくものは見つかりませんでした。資料1によれば、RNP AR進入の使用比率はRWY02Rが全体の3%、RWY20Lが5%ということです。

Rnpar02decea(図出典:資料2)

(資料2)
DECEA(ブラジルの航空管制を管轄する空軍の組織)によるRNP AR進入の説明
http://www.abear.com.br/uploads/arquivos/eventos_ptbr/workshop_rnp_ar_-_apresenta%c3%a7%c3%a3o_decea_fjr_v5_-_abear.pptx

RNP AR RWY02Rのチャート↓

Rnpw02r

RNAV(GNSS) RWY02R(通常のRNAV進入)のチャート↓

MAPT(進入復行点)以降はvisualで左旋回

Rnavy02r

AIS Brasil(登録不要)
http://www.aisweb.aer.mil.br/

ADS-B航跡による進入パターンの解析

Appsduitafig2(図出典:資料1)

西から空港直上を通過して、左旋回でRWY20Lに着陸するVisual Approachが多い。

Visual Approach図

Sbrjvisualapp

障害物であるとともに、進入の目印にもなっているらしいリオ・ニテロイ橋(プレシデンテ・コスタ・エ・シルヴァ橋)に設置されている無線標識、PAIOL NDB。強風が吹いたらへし折れそうなアンテナです。

他に、オフセットされたローカライザー(LOC/DME 20L)があることになっていますが、現在は公示されているLOC進入方式が見当たらないという不思議な状況です。

2011年 RWY20L Visual Approach

2014年 RWY20L RNAV Approach

2015年 RWY20L RNAV Approach

« 中部・関西・那覇 RNAV発着ルートマップ | トップページ | Trans-Siberian Air Route Map (シベリア横断航空ルートマップ) »

routemaps」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/66707108

この記事へのトラックバック一覧です: リオデジャネイロのRNP AR進入(サントス・ドゥモン空港):

« 中部・関西・那覇 RNAV発着ルートマップ | トップページ | Trans-Siberian Air Route Map (シベリア横断航空ルートマップ) »