« Flightradar24(フライトレーダー) MLATによる追跡が充実 | トップページ | 羽田空港出発(出発・離陸)ルートマップ »

WEBチャートのSkyVectorがフライトプラン機能を刷新

直近のAIRAC日(7月23日)にリリースされたらしい、SkyVectorの新しいフライトプラン機能について、ごく簡単にご紹介します。ただし、新サービスを使って実際の飛行計画を作成するには、という観点の記事ではありません。有り体に言えば、「このツールでちょっと遊んでみましょう」という話ですので、その点あらかじめご了承ください。

SkyVector Adds FAA Flight-plan-filing Capability
http://www.ainonline.com/aviation-news/business-aviation/2015-07-23/skyvector-adds-faa-flight-plan-filing-capability

ロッキードマーチン社が運営しているフライト支援サービスと連携すれば、SkyVector上で作成した飛行計画をFAAに提出でき、あわせて気象データなど関連情報の提供を受けられる、とのこと。

とはいえ、ありがたいことに、従来同様に基本的な機能は開放されており、登録ユーザーでなくても自由に使えます。ただ、操作マニュアルは未だないようで、以下の記述は筆者が適当に試してみた結果です。

なお、ユーザー登録は無料ですが、作成したフライトプランを保存するには各条項に同意する必要があり、この記事の趣旨には沿わない話となっています。

  • I understand that this is not a game or simulation.
  • I will not file flight plans for non-real flights.
  • I understand that I will face criminal penalties if I abuse this system.

当ブログでご紹介している機能を使うには、ユーザー登録もログインもいっさい必要ありません。

以前の画面↓

Rjtty56rjoo

新しい入力フォーム↓

Svfpl01

例題は、「羽田→伊丹」です。出発地と目的地に"RJTT"と"RJOO"を手入力するか、地図上で右クリックして"PLAN"の青ボタンを選択します。

ルートの欄に灰色の矢印(→)が表示されます。これは"DCT"つまりdirect(直行)の意味。

DCTの最短距離で218.5nm(約405km)と表示されます。

AIC「飛行計画経路」に記載の「羽田→伊丹」飛行ルート

RJTT-JYOGA Y56 TOHME Y54 KOHWA Y546 KODAI MIRAI ABENO IKOMA-RJOO(for RNAV1)

ピンクの線を"JYOGA"までドラッグし、PLANをクリック↓

Svfpl02

JYOGAと同時に黄色の字で"JYOGA1"(RNAV SIDのJYOGA ONE DEP)が表示されます↓

Svfpl03

JYOGA1の代わりにOPPAR2が表示されることもありますが、どういう仕組みで選んでいるのかわかりません。手入力で修正可能です。

同様に、TOHMEとKOHWAをPLANすると、航空路名のY56, Y54は自動で補われます↓

Svfpl04

最後にKODAIを追加↓

Svfpl05

KODAIポイントからのRNAV STARである、IKOMAE (IKOMA EAST ARRIVAL)が表示↓

Svfpl06

IKOMAEにマウスのポインタを合わせると、その部分の線を濃い色で強調表示↑

時に誤表示もあります↓

Svfpl07

所望のSTARが出てこなかったり、手入力もできないことがありますが、途中のウェイポイントをスペースで区切る、従来の入力方法も機能します↓

Svfpl08


FlightAwareなどからフライトプランのルートを貼り付けてみました。

RJAA -> KJFK (成田→ニューヨーク)

CUPID Y808 ALLEN Y812 SCORE R591 ADNAP OTR5 KALNA 4300N 16000E 4600N 17000E 4800N 18000E 4900N 17000W 5000N 16000W 5000N 15000W 5000N 14000W PRETY TAMRU SEFIX TR13 TOU J523 SEA J70 LWT MLS J90 RWF J34 DLL J538 BAE J70 LVZ LENDY6

Svfpl12

RJAA -> LFPG (成田→パリ)

N0494F360 JYOSO Y37 HAIJI/N0494F380 Y37 AVGOK R211 HAB A333 UNILA R30 SAKAT/N0491F400 R30 UHT R822 SUPEG A834 ASNOL R822 GONBI G707 RANVA P863 DEREX P739 KOLJA M611 DEGUL UN872 EEL UP174 WOODY UN872 NIK/N0483F390 UY131 MOPIL

Svfpl13

速度と高度の計画は青フォントで表示されますが、nav log(右下のボタンをクリックでPDFが開く)には反映されないよう↑


LAYER設定により、Satellite、上空または地上風(予想)、PACOTS TRKなど重ねて表示可能。

Svfpl18


RJNT -> RJTT (富山→羽田)

Svfpl16

HISUIをPLANすると、SIDはIKUJI5が出たり、UOZU1が出たりします。

STONEの後は、なぜか、いつもSTEAMが出てきます。↑はCACAOを手入力した図。(STARの手入力は、うまくいかないことあり)


RJFF -> RJTT (福岡→羽田)

Svfpl17

福岡→羽田はYANKSを、福岡→成田はSABARをPLANするとYOKAT4が自動で補われます。(SID中のウェイポイントはNav Logを開けば確認できる)


最近の変更はAIRAC日ごとに更新されていますが、大昔のNDBが残っていたり、いつまでも修正されない箇所が少なからずあります。


主要路線飛行ルート例

  • 括弧内は主に使われるSID
  • STARは一つに絞れないことが多いため、記載していません。
  • 上記フライトプラン図作成の参考としてください。公式の「飛行計画経路」とは異なります。
  • 下記のルート表記をそのままコピペすると正しく動作しません。括弧とハイフンを除けば動作する可能性はあります。

羽田→大阪
RJTT-(JYOGA1) JYOGA Y56 TOHME Y54 KOHWA Y546 KODAI-RJOO

大阪→羽田
RJOO-(ASUKA4) SHTLE Y71 DIIVA Y21 ADDUM-RJTT

他のルートは下記ページに記載しました。SkyVectorで飛行ルートを作成する(表示させる)ための参考として作ったもので、公式の「飛行計画経路」(標準ルート)とは記述方法が異なります。

http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/files/rjaa-fpl-201604.html
(2016.4版)


STATE ATM (ロシア)WEBサイトの飛行ルート表から貼り付けた例

Stateatmroute

AVGOK - RANVA

Svavgokranva


中国AISの飛行ルート表(Overflying Flight Routes)から貼り付けた例

SADLI-WHA-LINSO
SADLI A593 PK R343 HFE W50 SAGUD R343 WHA A581 SGM A599 LINSO

Svsadlilinso


2016年1月、フライトプランのデータをエクスポートする機能が登場。

例として、"Garmin .fpl file"を試してみました。

エディタで開いてみれば、中味はXMLですので、EXCELなどで簡単に加工できます。

Svfplxml

GPXファイルなら、Googleのマイマップにそのまま読み込めます。

Gpxgooglemymap


2016年2月 Radarbox24の背景(マップ)がSkyVectorチャートに(設定で変更可)

Radarboxskyvector


MRJテスト飛行の空域

2016年3月3日~2018年3月28日の間、MRJ-200 型機試験飛行のために、臨時試験空域が設定されています。
(紀伊半島沖臨時試験空域 AIP SUP NR014/16)

緯度経度の羅列だと、なかなかどの辺りなのかイメージできないものですが、Flight Plan機能を使うと、航空路との位置関係が手軽にわかりやすくなります。

temporary testing area for testing flight by MRJ-200

Temptestingmrj200

上記の航空路誌補足版では、下記の形式で緯度経度が示されています。

次の各地点を順次結ぶ直線によって囲まれる区域。
The area bounded by straight lines connecting
following points:
(1) 322753N/1383056E
(2) 310121N/1380953E
(3) 310119N/1375012E
(4) 314556N/1364923E
(5) 322713N/1372119E

"/"を削除して、(1)~(5)の緯度経度をスペースで区切り、(5)の後に再度(1)を付けて、ルートの欄に貼り付ける(ペーストする)だけです。

322753N1383056E 310121N1380953E 310119N1375012E 314556N1364923E 322713N1372119E 322753N1383056E

試験空域使用時にはNOTAMが出ます。

(3617/16 NOTAMN
Q)RJJJ/QRACA/IV/NBO/EW/110/410/3133N13804E066
A)RJJJ B)1603280100 C)1604010700
D)0100/0700
E)REF AIP SUP 014/16
OFF THE COAST OF KII PENINSULA TEMPO TESTING AREA ACT
F)11000FT AMSL G)FL410)

NOTAM様式の説明(AIP GEN 3.1より)

Notamfmtgen31

(その他、当該空域の詳細については、上記航空路誌補足版を参照ください)

上記のような面倒なことをしなくても、"World LO"に切り替えるだけで表示されることがわかりました。↓(薄いグレーで少し見づらいですが)

Wolotestmrj200


これは便利。FlightAwareの「IFRルート分析」がSkyVectorにリンク(2017.5.21追記)

IFR Route Analyzer
http://flightaware.com/statistics/ifr-route/

Flightawareifranalyze

ルートのリンク↑をクリックでSkyVectorに作図されます↓

Flightawareskyvector

FlightAwareで、時々、ルート表示に"+"記号が含まれるものを見かけます。例↓

Route    +GAYEL Q812 SYR +YYB YYU NCA19 DUPEV NCA19 CHAPO NCA19 GAL J122 OME ERNIK B240 OKLED B240 PAKLI B337 ANIMO Y114 AWE Y116 CHE Y10 STONE

調べてもよくわかりませんが、管制側でルートが変更された部分に付けられているようです。(確証はありません)

ロシア経由の場合、ロシア管制機関が日々発表している表にルートが載っていることがあります。この例については、下記のとおりです。こちらは、運航者がFILEした元のルートをそのまま掲示しているものと思われます。

N0502F300 DCT GAYEL J95 STOMP Q818 CFB DCT SYR DCT YYB/N0491F320 DCT YYU NCA19 DUPEV/N0485F320 NCA19 CHAPO/N0481F340 NCA19 GAL J122 OME DCT ERNIK B240 OKLED/N0496F360 B240 PAKLI B337 ANIMO Y114 AWE Y116 CHE Y10 STONE DCT


2017春にリニューアルされた韓国AISサイト"Ubikais 2016"がすばらしい。AIPやNOTAMだけでなく、定期便のICAOフライトプランも掲載されており、情報の宝庫となっています。

Ubikaisfpl201707

« Flightradar24(フライトレーダー) MLATによる追跡が充実 | トップページ | 羽田空港出発(出発・離陸)ルートマップ »

routemaps」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/60891717

この記事へのトラックバック一覧です: WEBチャートのSkyVectorがフライトプラン機能を刷新:

« Flightradar24(フライトレーダー) MLATによる追跡が充実 | トップページ | 羽田空港出発(出発・離陸)ルートマップ »