« 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 | トップページ | 2025年に向けて、エンルート空域、管制部再編へ »

2015年4月2日からの航空路、鹿児島空港CVA

鹿児島・宮崎の進入管制所が統合され、鹿児島で行われる予定(H29年度)


2016.10.13~ 変更多数。MVA図も変わります。

改訂版から項目だけ貼ります。

Rjfkamd20161013

ILS Z RWY34は廃止され、Zは欠番になります。

2017.2.2~

ILS W or LOC W RWY34 → ILS Z or LOC Z RWY34


4月2日からの航空路変更(3月5日付航空路誌改訂版NR5/2015より)

A582とY45にISKID(イスキッド)ポイント設定、同日から鹿児島空港に新設のCVA(経路指定視認進入) "KINKO VISUAL RWY34"の開始点に。

A582y45iskid

Y45上にもSAZMA, MAKRAポイント設置。

Y821、UTIBOとMIURAの間が延長設定。MIURA→UTIBOは南行のみ。

変更が少なく、Google Mapによる航空路全体図の作成は休止します。


4月の変更で目立つのは鹿児島空港関連。

日本では3例目※となるCharted Visual Approach (CVA)が新設。

KINKO VISUAL RWY34

Rjfkkinkovsl

※先行2例は、2010年10月、羽田に設定された"FUTTSU VISUAL RWY34L"と"HIGHWAY VISUAL RWY34R"ですが、FUTTSUの方は既に(守谷VOR廃止に合わせて)廃止されました。KINKO VISUALに必要な鹿児島VORについても、平成28年度中の廃止方針があるようで、今後どのような扱いになるか注目点の一つです。

ISKIDだけでなく、HKCからの入り口もあれば北からの到着機にも使い勝手が良くなりそうですが。

上記CVAと同様に、錦江(鹿児島)湾上を西から東へ横断するRNAV STARが2本新設。NORTHはHKCから、SOUTHはISKIDから。

SIMAZ NORTH ARRIVAL
SIMAZ SOUTH ARRIVAL

SIMAZで新設のILS (LOC)進入に接続。既存のILS進入よりも最終進入が短くなっています。

ILS W or LOC W RWY34

逆に、最終進入を長く(進入高度を上げた)ILS進入も新設。

ILS X or LOC X RWY34

各ILS進入のプロファイル比較

現行ILS Z RWY34

Ilsz34201503

変更後ILS Z RWY34

Ilsz34201504

新設ILS W RWY34

Ilsw34201504

新設ILS X RWY34

Ilsx34201504

Google Map上でILS、CVAおよびRNAV (RWY16)ルートの比較

緑:新設CVAのKINKO VISUAL、黒:ILSおよびRNAV進入、青:RWY34用RNAV STAR、ピンク:RWY16用RNAV STAR

(非RNAVルートおよびILS YとXは省略)

Rjfk201504gmap

http://arctica1.cocolog-nifty.com/201503/rjfk-rnav-a-201504.html

AICの「飛行計画経路」によれば、南方面からの到着ルートはKBE(国分VOR/DME)経由と記載されています。KINKO KBE / AMMON KBE / MAKRA KBE

Flightradar24の航跡では下図のような例が該当。

Fr24150220nh3784

しかし、桜島の西側を通って、4月からのCVAと類似のルートで進入した例も多数。通常のVisual Approachと思われますが、冬季は桜島の東側に噴煙が流れ、航路に影響することが多いため?

Fr24150224nh3784

RNAV STARの名称変更

現行

KIHOKU RNAV ARRIVAL
CELES RNAV ARRIVAL
OGOJO RNAV ARRIVAL
YUKSA RNAV ARRIVAL
OIDON RNAV ARRIVAL

変更後

KIHOKU ARRIVAL
CELES ARRIVAL
OGOJO ARRIVAL
YUKSA ARRIVAL
OIDON ARRIVAL

同空港唯一のRNAV SIDである"MIDAI ONE RNAV DEPARTURE"については変更なし。

旧式の名前が付いているVOR進入についても変更なし。

VOR/DME NR.1 RWY34
VOR/DME NR.2 RWY34
VOR/DME NR.3 RWY34

VOR/DME A
VOR/DME B
VOR/DME C

改訂されれば、現行の命名ルールにより、VOR/DME NR.1 RWY34は、VOR Z RWY34、NR.2はY、NR.3はXに、VOR/DME A~CはVOR A, VOR B, VOR Cのようになるはず。

同時に改訂されるMVA(最低誘導高度)図を見ると、新たに鹿児島(錦江)湾上に設定されるルートは、MVAの詳細な見直しで実現されたことがうかがわれます。

変更後MVAチャート(抜粋)

Rjfkmva201504

詳細を示す別図を見ると、なにか”苦肉の策”という印象もあります。

Rjfkmva2

航空路誌改訂版には変更の理由までは書いてないので、部外者の勝手な想像の域を出ませんが、日々さまざまに変化する噴煙、火山灰の状況への対応に万全を期すための新航路設定ということなのでしょう。

桜島の爆発は2015年にはいってから180回以上、東京VAACのアドバイザリ発行番号も270を超えています。そのわりに鹿児島空港のフライトへの影響は少ないように見えます。最近では、3月3日の爆発で空港にも降灰があり、少数ながら欠航便が出ていました。LCCの某社などは火山灰影響があると早々にキャンセルするよう。利用者としてはそのへんのリスクを勘案しておく必要がありそうです。


火山灰情報リンク集

南九州METAR(航空実況)電文 航空波浪気象情報(国際気象海洋)
http://www.imocwx.com//SmartPhone/metar.php?Area=9

Volcanic Ash Advisories(東京VAAC)
http://ds.data.jma.go.jp/svd/vaac/data/vaac_list.html

ふるぷり 鹿児島のライブカメラ(MBC南日本放送)
空港ライブカメラあり
http://www.mbc.co.jp/web-cam/

噴火に関する火山観測報(気象庁)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/gensho.html

火山カメラ画像(気象庁)
http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php

鹿児島地方気象台
http://www.jma-net.go.jp/kagoshima/ 

降灰予報(気象庁)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kouhai/kouhai.html

量的降灰予報の試験提供(桜島限定)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kouhai/vafi/qvaf_test.html


(補足 2015年10月)

最近(5月28日以降)の位置通報点新設

28 MAY 2015
PANPI パンピ 243800.37N 1244331.33E

20 AUG 2015
ALDER アルダー 272843.74N 1284429.49E
AOIKU アオイク 342634.57N 1382046.52E
APUTO アプト 340645.27N 1382711.33E
DINGO ディンゴ 272535.74N 1284832.04E
FUJIK フジック 344140.77N 1382539.17E
GOMES ゴメス 271616.20N 1284155.61E
HOLLY ホリー 273712.60N 1284903.78E
IKUMI イクミ 345609.20N 1380938.75E
KOITO コイト 342416.61N 1383217.33E
PAULO パウロ 273012.52N 1285708.30E
RAGON ラゴン 272251.33N 1284000.80E
ROKGO ロクゴー 344406.30N 1380902.29E
UNAGI ウナギ 343915.80N 1383640.61E
WOODS ウッズ 273504.47N 1285914.86E

17 SEP 2015
BAHAN バハン 323442.89N 1284757.39E
HISAK ヒサック 324531.43N 1285424.57E
IHEYA イヘヤ 270040.22N 1275409.82E
KONGO コンゴー 324533.74N 1285326.44E
LANCL ランクル 271235.75N 1274245.78E
PRIUS プリウス 270714.39N 1280629.10E
TOMIE トミエ 323420.31N 1284645.36E
YUIGA ユイガ 350210.36N 1392941.35E

15 OCT 2015
HIGMA ヒグマ 452154.64N 1413929.13E
LUIBE ルイベ 452917.04N 1414633.91E
TALBA タラバ 452158.31N 1414053.20E
UNIEY ウニー 452547.09N 1415510.72E

10 DEC 2015
DAISY デイジー 343002.26N 1350310.60E
HELEN ヘレン 343448.90N 1350651.75E

2015.12.10付新設・変更のうち、11月発行の航空路誌改訂版に掲載されたものは含んでいません。(上記は10月版で発表されたもののみ)

最近の位置通報点廃止
17 SEP 2015
AMAGO, MIZET, OCEAN, RACTY, YAIZU

(位置通報点の改正については省略します)

Google Mapの検索窓に貼り付けて位置を確かめる場合は、下例のように度、分、秒をスペースで区切ります。

34 34 48.90N 135 06 51.75E

« 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 | トップページ | 2025年に向けて、エンルート空域、管制部再編へ »

routemaps」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/59104236

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年4月2日からの航空路、鹿児島空港CVA:

« 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 | トップページ | 2025年に向けて、エンルート空域、管制部再編へ »