« 羽田空港の最新進入(到着)ルート・MACRO ARRIVAL(マクロアライバル)、他 | トップページ | 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 »

関東のVOR(超短波全方向式無線標識施設)6箇所が一斉に廃止(2015年3月5日)

これまで廃止されたVOR/DME施設の解体、撤去工事が平成29年度に多く予定されているようです。東京航空局WEBサイト(契約情報)で確認できます。


2016.3.31付 VOR, DME の廃止等(関連変更多数、詳細は航空路誌改訂版を参照ください。KZEポイントの廃止は3.3付です)

廃止施設 DMEまたはTACANの存続 RNAVウェイポイント名

Amami VORTAC(ALC)    Amami TACAN(ALT)    AMAMI

Awaji VOR/DME(AJE)    Awaji DME(AJD)    AWAJI

Hamamatsu DME(LHD)    -   

Kisarazu VOR/DME(KZE)    -    BEACH

Kuga VORTAC(IWC)    Kuga TACAN(IWT)    MARCO

Miho VORTAC(JEC)    Miho TACAN(JET)    MIHOU

Oita VOR/DME(TAE)    -    OOITA

Shinoda VOR/DME(SKE)    Shinoda DME(SKD)   -(代替として IZUMIポイント、位置は異なる)

Tohoku DME(MWD)       -  (Tohoku VOR廃止時にJYONAポイントが設定されています)   

Tomo VOR/DME(TME)   -     TOMOH


(2月22日 追記)

4月2日付

廃止: 秋田DME(ATD)

24時間運用に変更: 能登VOR/DME(NTE)

(出典: AIP AMDT NR5/2015)


(1月22日 追記)

2月5日発行改訂版に、3月5日付で廃止される無線標識が追加発表。

Abolishment: Miyakejima DME(MJD), Shigi DME(SHD), Tohoku VOR/DME(MWE), Toyota DME(TTD)

Establishment: Tohoku DME(MWD)

DMEの廃止: 三宅島、信貴、豊田

VORの廃止: 東北(DMEは存続、IDはMWDに)

宇部VOR/DMEが24時間運用に。

UBE 2230-1230(UTC) → H24


2015年1月8日発行の航空路誌改訂版によると、2月5日付の大阪VOR/DME (OWE)廃止に続いて、3月5日付で関東のVOR 6カ所(大子、阿見、銚子、御宿、館山、新島)が一斉に廃止となる旨が公示されました。併設のDMEまたはTACANは存続されます。

Abolishment: Daigo VOR(GOC), Ami VOR(TLE), Choshi VOR(CVC), Onjuku VOR(OJC), Tateyama VOR(PQE), Niijima VOR(NJC)

Establishment: Daigo TACAN(GOT), Ami DME(TLD), Choshi TACAN(CVT), Onjuku TACAN(OJT), Tateyama DME(PQD), Niijima TACAN(NJT)

Vordecom201503

代替施設として、福島と百里のVORが24時間運用に変わります。

これらVOR廃止(役所用語では「縮退」と言うらしい)の計画は以前から公になっていたことではありますが、いざ関連する変更とともに発表されると、あまりのボリュームと影響範囲の大きさに圧倒されます。(今回の改訂版は887ページもあります)

諸情報によると、この期日で廃止される施設はほかにもあるようで、次回発行の版で追加が掲載されるかもしれません。

RNAVでは飛行ルートそのものは変わらないことが多いですが、記載事項の変更などで羽田、成田両空港の出発・進入チャートは大半が差し替えとなります。

変更された出発・進入チャートで少々ショックを覚えたのは、成田空港の"LAKES ARRIVAL"です。下に旧・新のLAKES ARRIVAL図を貼ります。(これから代わりのRNAV STARが発表されるのではないかと期待しつつ)

Rjaalakesar201502

銚子VOR廃止後↓

BINKSからLAKESのルートを色塗りしました。

Rjaalakesar201503

お名残で廃止予定の各施設に訪問(徘徊)する暇(いとま)もありませんが、最近Google Mapのストリートビューで見られる航空無線標識がかなり増えましたので、リンク集を作成してみました。廃止予定施設と関係ないものも含まれています。また、撮影時期によっては、既に廃止(撤去)済みの施設が写っていることもあります。

ストリートビューで判別しがたいものは省きましたが、上空からの写真(Google Earth表示)では見られる場合もあります。


(追記 2月21日)

成田空港会社が地元向け広報誌でVOR廃止による飛行ルート変更を解説しています。

くうこうだより 2015年2月(増刊号)
http://www.naa.jp/jp/issue/kuukoudayori/2015_02/index.html

これを読む限りにおいては、"LAKES ARRIVAL"のルートは従前どおり、と解されます。現状に近い飛行ルートとなるよう、LAKESまでVECTORされる?

(追記 2016.9.16)

現在、主にRNAV STARが使われ、LAKES ARRIVALの出番はほぼないようです。


(追記 2017.7.25)
Google Mapの更新が影響しているのか、「サーバーエラー」と表示されるものが多数あります。当面、修正は困難です。ご了承ください。

AMI DME

ASAHIKAWA VOR/DME

CHINEN TACAN

CHOSHI VORTAC

ERABU VORTAC

FUKUE VOR/DME

GOBOH DME

HACHIJOJIMA VOR/DME

HACHINOHE NDB

HAKODATE VOR/DME

HAMAMATSU DME(廃止済)

HAMAMATSU TACAN

IKI VOR/DME

ISHIGAKIJIMA VOR/DME

ITAMI VOR/DME

IWAKI VOR/DME

IWAKUNI TACAN

KANOYA NDB

KIBI VOR/DME

KOCHI VOR/DME

KOMATSUSHIMA NDB

KUMAMOTO VOR/DME

KUMEJIMA VORTAC

MATSUMOTO VOR/DME

MIYAKO VOR/DME

MIYAKOJIMA VORTAC (MJC)

former MIYAKOJIMA VORTAC (MYC)

MIYAZAKI VOR/DME

MIYAZU VOR/DME

MONBETSU VOR/DME

MORIYA DME

MUKAWA VOR/DME

NAGOYA VORTAC

NIIJIMA TACAN

NAKASHIBETSU VOR/DME

NANKI VOR/DME

NIKKO NDB

NYUTABARU TACAN

OITA VOR/DME (廃止済)

OKUSHIRI VOR/DME

OMURA TACAN

OZUKI NDB

RISHIRI VOR/DME

SAKURA DME

SAPPORO VOR/DME

SEKIYADO VOR/DME

SHIGI DME (廃止済)

SHINODA DME

SHIZUHAMA TACAN

SHONAI VOR/DME

TAKAMATSU TACAN

TATEYAMA DME

TOHOKU VOR/DME (廃止済)

TOKUSHIMA NDB

TOKUSHIMA VOR

TOKUSHIMA TACAN

UBE VOR/DME

WAKKANAI VOR/DME

YAMAGATA VOR/DME

YOKOSUKA VOR/DME

YAO VOR/DME

YONAGUNI VOR/DME

YUWA VOR/DME

ZAO YAMADA VOR

AKENO NDB

AKENO TACAN

HOKUSO VOR/DME

KOHTOH LDA (RJTT RW22 LDA)

KAJIKI VOR/DME

OKAYAMA RW07 OM (廃止済)

WAKKANAI RW08 OM (廃止済)

« 羽田空港の最新進入(到着)ルート・MACRO ARRIVAL(マクロアライバル)、他 | トップページ | 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 »

rjttrjaarjty」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/58379425

この記事へのトラックバック一覧です: 関東のVOR(超短波全方向式無線標識施設)6箇所が一斉に廃止(2015年3月5日):

« 羽田空港の最新進入(到着)ルート・MACRO ARRIVAL(マクロアライバル)、他 | トップページ | 羽田空港 騒音軽減運航方式(南風好天時)変更、C滑走路のILSがCAT-IIに復帰 »