« 12月11日からの航空路・ウェイポイント、3空港にRNP AR進入新設、など | トップページ | (メモ)AAL280(アメリカン280便)、UAL179(ユナイテッド179便)関連 »

羽田空港の最新進入(到着)ルート・MACRO ARRIVAL(マクロアライバル)、他

(追記)

Flightradar24 WEB画面右下の大きな広告が目障りでしたが、10秒ほどで表示される"Hide ad"をクリックすると最小化するよう改善されました。


まずは、フライトレーダー24が11月18日頃にWEBサイトをリニューアルした件。

メニューや設定画面が大きく変わりましたが、(少なくとも、無料版を使う限りにおいては)機能は従来と大差ありません。

Flightradar24
http://www.flightradar24.com/

Fr24141118renew

変わった(ことが分かった)点をいくつか挙げます。

  • IE (Internet Explorer)の旧バージョン(IE8など)では動作せず。動作スピード重視で新しいjqueryを使うように変更?
  • 説明もなく古いIEで動かなくなる一方で、「IEは使わないように」あるいは「Chromeを強く推奨」のような記述は姿を消した。
  • フライト履歴の参照期間が大幅に短縮の改悪が目立つ。無料版では1週間。プレミアム(有料)でも1か月。
  • "animate aircraft"のOn/Off設定がなくなった。
  • 画面左上に表示中機体数の内訳とリスト(時間帯によっては1万行以上)が表示される。リストから絞込み検索も可能。

追加された”新機軸”の多くは、プレミアム(有料会員、年間3千円ほど)にならないと享受できないようですが、それらの詳細説明はどこにも書いてないという、なんだか「悪質商法」まがいのやり方。これでは、購入を検討する気にはなれません。

鍵マークが付いているスイッチはプレミアム会員のみ選択可というのですが、各機能の説明は見あたらず。ただ、Layersに列挙されているこれらの機能については、なくても困らないような気もします。

とは言っても、プレミアム会員になれば、広告が表示されない、画面のタイムアウトがなくなる、などのメリットはあります。

一方、Visibilityタブ内のスイッチは、無料版でも全てが選択可能となっています。

Fr24141118visible

この中で、"Estimations"は新たにできた設定項目で、追跡が途切れたときに最長60分まで推定位置を表示するというものですが、これはOffにしています。たとえば、進入中の機体が低高度まで来ると、ADS-B信号が捕捉されなくなったり、途切れ途切れになることがよくあります。そうした場合に、いつまでもestimationを続けられると、迷走しているような航跡を示したり、着陸できなかった(ように見える)機体が滑走路の延長線上にウロウロすることになります。リニューアル後に、そうした現象を何度か目撃しました。

Offにしても、短時間のEstimationは行われるのか、着陸間際など、不自然な航跡を描くことがあります。

エアライン公式の発着案内が「着陸済み」を表示後も続くestimation↓

Fr241411est15min

以上、簡単ですが、私の理解としては、MapとVisibilityのところをしかるべく設定すれば、無料版でも従来とほぼ変わりなく、十分に使えるのではないか、と思います。


続いて本題に移り、2014年3月から設定された羽田空港の進入ルートについて。

タイトルは「最新進入(到着)ルート」としましたが、すでに半年以上たっています。

(先日、空域調整の問題を某新聞に指摘された、東京都心上空ルートのお話ではありませんのであしからず)

下記6本のRNAV STARが設定されていました。

BLOOM INDIA ARRIVAL
BLOOM LIMA ARRIVAL
CACHE ARRIVAL
CAPE NORTH ARRIVAL
CAPE SOUTH ARRIVAL
MACRO ARRIVAL

Rjttcachernav

しかし、これらの新STARはどういう場面で使われるのかさっぱり見当もつかないまま、すっかり存在を忘れていました。

ルート図

北風運用のルート(CAPE N/S, CACHE, MACRO)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/201403/rjtt-macro-rnav.html

南風運用のルート(BLOOM-I, BLOOM-L)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/201403/rjtt-bloom-rnav.html

11月19~21日、デモ飛行で羽田空港を訪れたエアバスA350の様子をFR24プレイバックで観察していると、行き先が羽田なのに成田到着便の列に混じって飛んでいるフライトが目につきました。成田にダイバートの可能性は考えられない状況で、そのまま見ていると、北西に変針して成田到着機の列を離れ、何事もなかったように羽田に進入、着陸しました。

今回、この進入ルートが実際に使われていることに初めて気づきましたが、その後も時々見かけます。(沖縄、鹿児島など南の方から到着するフライトが対象となるよう。西・南方面からの便が立て込む時間帯に、比較的空いている北からのルートへ分散させるのが目的でしょうか)

LiveATCをチェックすると、エンルート管制から下記のような指示が聞こえました。(ような気がします)

Revised route clearance. Cleared to TIA via radar vector to BUNGU, Y81, ANGEL, Y109, MERCY, then direct.

Cleared via MACRO ARRIVAL.

FlightAwareによる航跡の例

20141121y81y109

Flightradar24による航跡の例

Fr24rjttmacroarvl

FlightAwareのログとルート図を重ね書き

Faw141124bc522

http://arctica1.cocolog-nifty.com/fw2/141124sky522.html

上図航跡のログは下記から取得
http://flightaware.com/live/flight/SKY522/history/20141124/1100Z/ROAH/RJTT


« 12月11日からの航空路・ウェイポイント、3空港にRNP AR進入新設、など | トップページ | (メモ)AAL280(アメリカン280便)、UAL179(ユナイテッド179便)関連 »

routemaps」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/58090517

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港の最新進入(到着)ルート・MACRO ARRIVAL(マクロアライバル)、他:

« 12月11日からの航空路・ウェイポイント、3空港にRNP AR進入新設、など | トップページ | (メモ)AAL280(アメリカン280便)、UAL179(ユナイテッド179便)関連 »