« 航空図(チャート)を無料で入手する(3) aviadocs.net | トップページ | 新たな北朝鮮上空通過ルート開設か (R224) »

6月27日 熊本空港RWY25にRNP AR 進入設定

最近、78空港への導入方針が伝えられているRNP AR進入方式 (RNP AR APCH)ですが、6月27日から新たに熊本空港RWY25への設定が航空路誌改訂版(5月30日付)に掲載されました。

RNP AR進入方式は、予定の熊本も含め、下記の空港(滑走路)に導入されています。(空港コード順に、函館、山口宇部、北九州、熊本、岡山、高知、松山、大館能代、東京国際)

RJCH / HAKODATE RNAV(RNP) Z RWY 30
RJDC / YAMAGUCHI-UBE RNAV(RNP) RWY07
RJDC / YAMAGUCHI-UBE RNAV(RNP) RWY25
RJFR / KITAKYUSHU RNAV(RNP) RWY18
RJFR / KITAKYUSHU RNAV(RNP) RWY36
RJFT / KUMAMOTO RNAV(RNP) Z RWY25
RJFT / KUMAMOTO RNAV(RNP) Y RWY25
RJOB / OKAYAMA RNAV(RNP) RWY07
RJOB / OKAYAMA RNAV(RNP) RWY25
RJOK / KOCHI RNAV(RNP) Z RWY14
RJOK / KOCHI RNAV(RNP) Y RWY14
RJOM / MATSUYAMA RNAV(RNP) RWY14
RJOM / MATSUYAMA RNAV(RNP) RWY32
RJSR / ODATE-NOSHIRO RNAV(RNP) Z RWY29
RJSR / ODATE-NOSHIRO RNAV(RNP) Y RWY29
RJTT / TOKYO INTL RNAV(RNP) RWY23

航空局の資料によれば、近くRNP AR進入を設定する検討(設計)の対象として、鳥取、仙台、宮崎、静岡の各空港が挙げられています。

例によって、地図上で位置関係を把握すべくルートマップを作成しました。RF LEG(曲線進入)も直線で示しています。どの部分がRF LEGかは、「続き」に転載した進入図をご参照ください。阿蘇山にかなり接近する南側のルートがZ、北西側ルートがYです。

KMJ-RNP-201306

従来、サークリングによる進入のみだったRWY25にASONOポイント側から進入できるようになります。地形上の制約をクリアするために、RNP ARの利点が発揮されています。

Zの方は、進入経路が短い分、Baro-VNAVの気温制限が狭い、速度制限がきつい、最終進入の降下角が3.1度と、ややchallengingな設定です。RNP ARの規格上、CAT Dの大型機については、最終進入のVPA (vertical path angle)が最大 3.1°までです。

RNAV(RNP) Z RWY25

一方、YはゆるやかなS字カーブを描きながら降下します。上のルートマップでまっすぐ南下するように描かれている部分、FT561からFUMOTは半径の大きなRF LEGです。最終進入の降下角は標準の3°。

RNAV(RNP) Y RWY25

現在のように、いったん空港西側に行ってから進入を開始するのと比べて、飛行距離が大幅に短縮されます。効率が良いということも然りですが、特にZの進入ルートについては、従来考えられなかったような迫力で上空からの山岳眺望を楽しむことができそうです。乗客の立場からも大いに期待できる新進入方式です。

なお、現時点では、日本の登録機でRNP AR実施のためのSpecial Authorizationを取得しているのは、ANA系、JAL系のB737NG(-700と-800)およびANAのB787に限られます。


相変わらず、日本語で一般向けにほどほどの難易度というRNP ARの解説は見あたりません。以下、全て英文ですが、筆者の好みで資料をリストしてみました。(いずれもPDF)

Getting to grips with RNP AR (AIRBUS, FEBRUARY 2009)
http://www.smartcockpit.com/aircraft-ressources/Getting_To_Grips_With_RNP-AR.html

Required Navigation Performance Authorization Required ~ RNP AR
(Honeywell, January 2013)
https://www.mygdc.com/assets/public_files/gdc_services/pilot_services/presentations/RNP_AR_Deep_Dive_HON_Ops_Conf_2013.pdf

RNP AR Implementation An Operator's Perspective (ICAO, October 2012)
http://www.icao.int/Meetings/PBN-Symposium/Presentations/Session%202/1%20Johnny%20Woods%20-%20S.A.A/RNP-AR%20Implementation%20-%20An%20Operators%20Perspective%20(3).pdf

JAL’s status of RNP AR APCH in Japan (ICAO, October 2012)
http://www.icao.int/Meetings/PBN-Symposium/Presentations/Session%203/8%20Nobumichi%20Akagi%20-%20Japan%20Airlines/JAL_RNP_AR_Implementation%20PBN2012.pdf


実施日(6/27)以降の状況

RNAV25Y

FT560からFT561のRFレグを通過後に追跡が途切れてしまいますが、RNAV(RNP) Y RWY25が実施されたことは判別できます。

CMV(VISに1.5または2を掛ける)が適用されるため、"VOR A"やILSからのサークリングが不可の場合でも進入できる可能性があります。しかし、航空機の性能上は実施可能であっても、許可取得、管理体制や乗員訓練等々さまざまな負担もあり、導入方針のないエアラインもあると思われます。

よく知られるとおり、熊本空港にはCAT-3のILSが設置されていますが、これも敢えて航行許可を取得しない社もあるようです。ことに御用とお急ぎの場合には、天候がきびしい時季の搭乗便選択にあたって、様々な要素を考慮に入れる必要があるでしょう。

CMV換算表

« 航空図(チャート)を無料で入手する(3) aviadocs.net | トップページ | 新たな北朝鮮上空通過ルート開設か (R224) »

routemaps」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063350/57282420

この記事へのトラックバック一覧です: 6月27日 熊本空港RWY25にRNP AR 進入設定:

« 航空図(チャート)を無料で入手する(3) aviadocs.net | トップページ | 新たな北朝鮮上空通過ルート開設か (R224) »