(メモ)BOE004試験飛行の航跡図

試験飛行のルートで機体の輪郭を大きく描いていたことが話題となっている"BOE004"(Boeing 787-8)

ボーイング社のリリース
Boeing Test team draws in the sky during 18 hour endurance test
http://www.boeing.com/features/2017/08/787-outlines-the-sky-08-17.page

FlightAware.comに飛行ルートデータ(フライトプラン、追跡ログ)が掲載されています。

http://flightaware.com/live/flight/BOE4/history/20170803/0448Z/KBFI/KBFI

Route    SEA NORMY J70 MLP GTF 4632N/08706W 4626N/08908W 4301N/09715W 4352N/09907W 4358N/09958W 4306N/10033W 4245N/09958W 4229N/09834W 4122N/10101W 4254N/10552W 4312N/10730W 4314N/10848W 4302N/10919W 4235N/10907W 4157N/10820W 4112N/10654W 3932N/10210W 3717N/10133W 3757N/10243W 3803N/10323W 3702N/10401W 3633N/10320W 3604N/10117W 2827N/09937W 2652N/09820W 2814N/09844W 3438N/09829W 3538N/09819W 3745N/09715W 3610N/09249W 3533N/08953W 3148N/08837W 3126N/08754W 3503N/08731W 3457N/08616W 3539N/08713W 3809N/08411W 3820N/08458W 3642N/08915W 3804N/09148W 3935N/09604W 4143N/09442W 4230N/09354W 4601N/08829W 4631N/08706W

まずは、この予定ルートをSkyVectorに貼り付けてみます。

Boe004rteskyvector

» 続きを読む

追記・修正履歴(最近の出来事)

2017年4月末をもって、新規記事の追加は休止(終了)します。

徐々に(急速に?)内容が陳腐化しており、現況と異なる情報が多々あります。最新状況は各位にてご確認ください。


今後、追記・修正などを行った際には、できるだけこのページ(以下)に記入します。


2017. 8. 6

簡単なメモ書き程度のみ追加(再開)します。

勝手ながら、内容が古くなったなどの記事をいくつか削除しました。

加えて、当分の間、「羽田空港新飛行ルート」関連の3件を休止します。


» 続きを読む

(メモ)AC759誤進入インシデント関連情報

サンフランシスコ国際空港(以下、SFO)で発生した誘導路への誤進入事案について。(エアカナダ759便、ACA759)

まとめを書く時間なく、ごく簡単に関連情報のURL集をUPします。閲覧期間の限られているものもあります。

発生は、現地時間で7月7日23:55頃、UTCでは7月8日06:55です。

A320ですが、ADS-B非装備機のため、毎度おなじみの追跡サイト(FR24など)では精度がいまひとつです。

Oaktrak1707072356l(図:Webtrak)

» 続きを読む

羽田空港到着(進入・着陸)ルートマップ(2)

下記ページの続き(補足)です。あわせてご参照ください。

羽田空港到着(進入・着陸)ルートマップ
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-3dd1.html

ウェイポイントのクリックに対応する改訂版到着ルート図(Google Map使用)を作成しました。

Rjttnorthv0623

» 続きを読む

羽田空港到着(進入・着陸)ルートマップ

2017. 7. 2

羽田空港到着(進入・着陸)ルートマップ(2)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/rjtt-arvl-20170.html

ウェイポイントのクリックに対応する改訂版到着ルート図を作成しました。(上記ページに掲載)

Rjttnorthv0623


直近の使用滑走路と進入方式を「羽田空港飛行コースホームページ」が「現在の運用状況」として提供開始(2017年3月~?)

Rjttconfigfranomo

羽田空港飛行コースホームページ
https://www.franomo.mlit.go.jp/

72時間の履歴情報(30分単位)もあります。



このページ内のルート図はスマホ未対応です。クリックやタップの処理を入れてないので、ルート図は表示できてもウェイポイントの情報が見えません。(PCではマウスオーバーで表示できます)


2015年3月5日に関東のVOR 6カ所(大子、阿見、銚子、御宿、館山、新島)が廃止されます。図上の各ポイントは読み替えてご覧ください。

Daigo VOR(GOC)        DAIGO(ダイゴ)
Ami VOR(TLE)        COLOR(カラー)
Choshi VOR(CVC)        INUBO(イヌボ)
Onjuku VOR(OJC)        MESSE(メッセ)
Tateyama VOR(PQE)    UTIBO(ウチボ)
Niijima VOR(NJC)    KOUGA(コウガ)


2015年3月5日以降の羽田空港(主な)到着ルート図集(VOR廃止でポイント名が変わるだけです)

» 続きを読む

成田空港出発・到着ルートマップ、他

2017.7.1

ウェイポイントのクリックに対応した改訂版到着ルート図を作成しました。

いまのところ、到着だけです。(出発ルートは件数が多く、今後の課題)

Rjaarnavilsy16

RNAV以外の到着ルート(LAKES ARRIVALなど)は、現在、あまり使われていないようですので、考慮していません。

各図のURL↓

» 続きを読む

択捉新空港 (ITURUP, UHSI)のロシアAIP情報(2017.4.29追記)

(補足)択捉空港アップデート(2017.4.29)

2014年に開港した択捉島の空港 (KURILSK / Iturup)について、AIPの新情報を確認しました。

当時はRNAVはまったく使われていませんでしたが、現在では、RNAV1のSIDとSTAR、RNAV(GNSS)進入(RNP APCH、LNAV進入)が設定されています。

のみならず、GLS(GBASを使った進入方式)まで滑走路の両側にあります。"GLS RWY13"のチャートのみ貼ります。ミニマムはILSとほぼ同じのようですが、国内線空港でチャート類がロシア語表記のため、詳細は不明です。

他のチャート(計38枚)はロシアのAISサイトからダウンロードできます。(公開されており、ユーザー登録は不要です)

Uhsigls131706

» 続きを読む

北朝鮮上空航空路(飛行ルート)の現状(2017.4)

以前に下記を書いてから4年近く経過しており、かなり変化があります。現状を概観して簡単に補足しておきたいと思います。

新たな北朝鮮上空通過ルート開設か (R224)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/r224-ab60.html

(1)2013年に開設されたR224航空路

欧州-関西・中部間の欧州系各社便で一時期使われていましたが、現在は使われていない模様です。

» 続きを読む

RNAVで変わる羽田→南紀白浜線飛行ルート(2017.4.27-)

2017年4月27日に新設される南紀白浜空港のRNAV進入ルートの図(Google Map)を作成しました。

Rjbdrnav170427

(南側の串本 - KISEIは現行のルート)

図の全体は下記のURLでごらんください。

» 続きを読む

(補足)千歳空域再編と新ウェイポイント

下記の補足として投稿します。

2016年11月10日からのからの航空路・ウェイポイント(最終回)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/20161110-03c1.html


上記記事の後、2017年3月2日までに追加、位置変更、または廃止となるウェイポイントの図を作成しました。全体の改訂図は当分作れそうにありません。(いちおう前回で「最終回」とさせていただきました)

近々、鹿児島・宮崎の進入管制区が統合(鹿児島で実施)されるとのことで、そのときにはまた多数の変更がありそうです。

» 続きを読む

2016年11月10日からのからの航空路・ウェイポイント(最終回)

10月と11月で航空路に多数の変更があります。この機会に私家版航空路(エンルート)マップとウェイポイント(位置通報点)マップを改訂しました。

個人的にこういうものが見たいというだけの話で、実用性はないです。ゆえに、10月分の改訂日が未到来なのに、その先の図を先取りで出してしまいます。

Enrmap201611

初期表示は"ROADMAP"になっています。左上のタブで"Terrain"にチェックを入れれば変更できます。


以下、航空路関係の変更箇所を抜書きします。内容は航空路誌改訂版をご確認ください。

10月13日

航空路の改正
Revision of AWY : G339

RNAV 経路の設定及び改正
Establishment of RNAV route : Y110
Revision of RNAV route : Y121

直行経路の設定及び改正
Establishment of direct route : OBE-ERIMO
Revision of direct route : KSE-OBE

11月10日

航空路の改正
Revision of AWY : A597, G339, V28, V40, V53, V71
Revision of AWY : V13

洋上転移経路の改正
Revision of oceanic transition route : OTR25

RNAV 経路の設定、改正及び廃止
Establishment of RNAV route : Z262
Revision of RNAV route : Y293, Y46, Y48, Y52, Y522, Y523, Y525, Y526, Y535, Y562, Z25, Z26
Revision of RNAV route: Y293, Y52, Y523, Y525, Y535
Abolishment of RNAV route : Y564, Y566

直行経路の改正
Revision of direct route : IZUMI-KAIFU, OYE-MIMMY, OYE-KTE, OYE-TAKMA, OYE-YUBAR,
OLIVE-ARIMA, TSE-NIKAK, KTE-WASYU, NIKAK-SAEKI
Establishment of direct route : SUC-RYUGU
Revision of direct route : MVE-CHE, WKE-KONBU, YTE-SDE, YTE-GTC
Abolishment of direct route : SUC-KOBIK

» 続きを読む

航空管制での「データリンク」活用が拡大へ

ここ数日、「米国連邦航空局(FAA)が、2019年までに航空無線(音声通信)を廃止して全面的にテキストメッセージングに移行することを決めた」という怪情報が一部で出回っています。

発信源のネット記事に、ご丁寧にも、「ソース」としてFAAのリリースがリンクされています。その内容は、ワシントンのダレス空港で"Data Comm"というシステムの運用が始まった、というものです。航空無線廃止のような話は書かれていません。

Data Comm Now at Washington Dulles (FAA)
http://www.faa.gov/news/updates/?newsId=86587

NextGenと呼ばれている航空交通システム刷新計画の一環として、2016年中に主要56空港で、出発承認(クリアランス)のやり取りを新方式のデータ通信に移行する計画になっています。9月27日、お膝元のダレスでの運用開始という機会に報道陣を招いたデモが行われました。

NextGen計画については、予算超過、進捗遅れ、サイバーセキュリティの不備等々で行政監察官から繰り返し糾弾される、という状況があります。FAAとしては、目に見える効果が期待できる案件については、宣伝にこれ努めたいところでしょう。

» 続きを読む

各地のVORやILSが工事で代替施設運用中(2016年9月)

(追記 2017.4.30)

関宿VOR/DME休止期間中、野田VOR/DME(NDE) が一時運用

平成29 年3 月30 日0000JST から平成29 年9 月13 日2400JST まで

(詳細は、AIP SUP NR016/17)

NDEの位置、Google Mapへリンク↓

https://goo.gl/maps/uos9AYDcaB42

埋め込み表示(iframe)↓では野田VORが表示されますが、上のリンクでは使用ブラウザによって野田VORが表示されたり、されなかったりする現象があります。(IEでは表示される。6月10日現在)

SkyVectorでは、SYE (RNAVのセキヤド point)を選ぶと"PLUTO2"、NDEを選ぶと"SYE2"(代替方式のSEKIYADO TWO DEPARTURE)が表示されます↓

Skyvndevor201704

VOR休止中も、RNAVウェイポイントは「セキヤド (SYE)」のままです。

N0497F310 PLUTO SYE Y11 YTE Y113 MRE Y13 CHE V7 AWE B337 ANIMO/K0912F310 B337 URABI B485 OSKON/K0896F330 A803 OKEPA B970 PILUN/N0484F330 DCT 7230N15700W 72N141W 7030N13000W 68N120W 65N110W/N0481F350 60N100W DCT YYQ DCT MERKA NCA19 YYU DCT YTS DCT YYB DCT IMEBA IMEBA3


(追記 2017.2.19)

松山VOR/DME (MPE)は空港外にありますが、新・松山VOR/DME (MYE)が滑走路横に設置されたようです。

MPE MATSUYAMA VOR

MYE MATSUYAMA VOR(2017.2.2~試験電波)

新・松山VOR/DME (MYE) 2017.7.20運用開始、関連の航空路などに多数変更あり。航空路誌改訂版NR 9/2017参照。


(追記 2016.10.22)

運用休止施設(AIP SUP NR154/16)

2016.11.10-2017.6.21
入間TACAN(YLT) → WWT


現在、多数の無線航法施設が、工事のために休止され、代替施設が運用されています。今後の予定も含め、簡易な一覧表を作ってみました。

吉備VOR/DME,岡山ILS,香川VOR/DME,八尾VOR/DME,紋別VOR/DME,山形VOR/DME,鵡川VOR/DME,稚内VOR/DME,福岡ILS,築城TACAN,武蔵VOR/DME,国分VOR/DME

Altnavaids201609

詳細は、各AIP SUP(航空路誌補足版)やNOTAMでご確認ください。(AIP SUPは、後日差し替え版が出ることもあります)

9月15日からは、福岡空港RWY16のILSが休止期間に入り、可搬型の装置が運用されます。

» 続きを読む

Trans-Siberian Air Route Map (シベリア横断航空ルートマップ)

ロシアでは、2018年3月から大々的なRNAVルート設定を計画しているようです。航空路の構成に大きな変化が予想されます。(2017.6記)


(各ルート図はスマホ未対応です)


シベリア横断航空ルートマップ(日本-ヨーロッパ)

Trans-Siberian Air Route Map (Japan - Europe)

» 続きを読む

リオデジャネイロのRNP AR進入(サントス・ドゥモン空港)

今回は、間もなくオリンピックが開幕するリオデジャネイロの特異な空港事情を調べてみました。(ただし、現地事情には疎く、行ったこともないため、記事タイトルのとおり偏った内容です)

リオ市街地に近接する(中心部から約2km)サントスドゥモン空港(SBRJ / SDU)では、航空(空港)ファンにとっては常識破りとも言えるような、驚くべき運用が日常となっています。

SDU空港には滑走路が2本ありますが、長いほうでもわずか1323メートル。にもかかわらず、当たり前のようにB737-800やA320が発着しています。これらの機種の離着陸には2000mは必要というのが通り相場で、よく「短い」と言われるジョン・ウェイン空港(KSNA、米・カリフォルニア州)でも1738mあります。

Santos Dumont Airport Guide
http://www.aeroportosantosdumont.net/en/

国際線については、ガレオン(トム・ジョビン)空港(SBGL / GIG)に発着します。(中心部から約20km)

Rio Galeao - Aeroporto Internacional Tom Jobim
http://www.riogaleao.com/en/

SDU空港図

Sbrjadc201501(図: AIP Brasil)

圧巻なRWY02Rへの進入・着陸 (2010年、NDB進入)(YouTube)

» 続きを読む

中部・関西・那覇 RNAV発着ルートマップ

このページは内容がかなり古くなっています。飛行ルートそのものは大きく変わっていませんが、最新情報は各位にてご確認ください。(2017年6月)


このページ内のルート図はスマホ未対応です。クリックやタップの処理を入れてないので、ルート図は表示できてもウェイポイントの情報が見えません。(PCではマウスオーバーで表示できます)


» 続きを読む

横田空域と羽田空港出発ルート(航跡)

2017.8.16

表示できなくなっていたルート図を再upしました。(ウェイポイントのクリックに対応する修正をしています)


下記ページの補足として作成しました。(横田空域がなくなれば、羽田発着便のフライト時間が20分も短縮可能との説が流されていますが、それはありえないだろう、という趣旨のデータです)

「横田進入管制空域」図
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-1d75.html

横田空域の上限高度が最も高いところで7000m (FL230)なのは事実ですが、羽田出発便の大半は、そこは通りません。(富山、能登のみ)

西日本方面便の大半が通過する富士山東側のエリアは上限5000m (FL160)です。

「高さが7000mもあるので飛び越えるのが大変」というのは、印象操作という感じがします。

図の上方、赤い枠を付けた部分です。

Hnddirections


» 続きを読む

全国主要ウェイポイントマップ(2016.4版)

2016.10.10

2016.11版を作成しました。

2016年11月10日からのからの航空路・ウェイポイント
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/20161110-03c1.html


2016.8.28

2016.4以降のウェイポイント変更

ウェイポイントマップ(2016.4版)上には反映していません。

(新設)
AMAGO    アマゴ
ASIMO    アシモ
DIMAC    ダイマック
DOALA    ドアラ
EMITT    エミット
FENDI    フェンディ
FOGEL    フォーゲル
GEMBU    ゲンブ
KINME    キンメ
MAIKA    マイカ
NICOL    ニコル
ODORI    オドリ
PRADA    プラダ
RAIKO    ライコ
RALPH    ラルフ
TOMOK    トモック
URAJA    ウラジャ
YADAR    ヤダー
YOSAK    ヨサック

(位置変更)
EXPOH    エキスポー
NEJYO    ネジョー
STRAW    ストロー

(廃止)
CHOJA
KULMA

ドアラpointはこちら↓(ILS 34のFAF)

Rjnai34zfaf


» 続きを読む

Google MapでNDB・VOR(航空無線標識)めぐり

各地のVORやILSが工事で代替施設運用中(2016年9月)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/alt-nav-201609.html


2016.3.31付 VOR, DME の廃止等(関連変更多数、詳細は航空路誌改訂版を参照ください)

廃止施設 DMEまたはTACANの存続 RNAVウェイポイント名

Amami VORTAC(ALC)    Amami TACAN(ALT)    AMAMI

Awaji VOR/DME(AJE)    Awaji DME(AJD)    AWAJI

Hamamatsu DME(LHD)    -   

Kisarazu VOR/DME(KZE)    -    BEACH

同日付、木更津TACAN(KZT) 設置

Kuga VORTAC(IWC)    Kuga TACAN(IWT)    MARCO

Miho VORTAC(JEC)    Miho TACAN(JET)    MIHOU

Oita VOR/DME(TAE)    -    OOITA

Shinoda VOR/DME(SKE)    Shinoda DME(SKD)   -(代替として IZUMIポイント、SKEと位置異なる)

Tohoku DME(MWD)       -    

Tomo VOR/DME(TME)   -     TOMOH


関東地区のVOR(超短波全方向式無線標識施設)6箇所が一斉に廃止(2015年3月5日)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/nav-strview.html

上記ページに、ストリートビューで見られる標識のリンク集を併載しています。


» 続きを読む

羽田空港の滑走路運用(方面別離陸滑走路)

直近の使用滑走路と進入方式を「羽田空港飛行コースホームページ」が「現在の運用状況」として提供開始(2017年3月~?)

Rjttconfigfranomo

羽田空港飛行コースホームページ
https://www.franomo.mlit.go.jp/

72時間の履歴情報(30分単位)もあります。


2014.12.11~羽田 AD(飛行場)図 滑走路16L/34R の延長部分を拡大

Rjttrwy34r141211

他空港も含め、最新版は、AIS JAPAN(電子航空路誌、eAIP、登録要、無料)からPDFでダウンロードできます。

ファイルサイズが大きく、変更も頻繁にあるため、当サイト内には転載していません。

(参考)
航空安全情報自発報告制度(VOICES)
http://www.jihatsu.jp/news/index.html

「共有すべき重要な安全情報」の「参考空港図」として、羽田・成田両空港の飛行場図(AD)が転載されています。(同サイトからPDFをダウンロードできます)


1)離陸滑走路長、離陸滑走路方面別割り当てについて(AIPから抜粋)

» 続きを読む

「横田進入管制空域」図

Yokota Approach Control Area、横田進入管制空域(いわゆる「横田空域」)

はじめに、横田空域は「飛行禁止」とか「飛行制限」ではありません。「民間機は進入禁止」は完全なデマ。VFR(有視界飛行方式)については、管制許可も不要(後述)

Rjtyareamap

Google Mapを拡大して正確な範囲・境界を確認してください↓

» 続きを読む

ブルーインパルス展示飛行(2016.7.16 横浜)と羽田空域

11月6日(予行5日)航空自衛隊奈良基地関連を末尾に追記しました。


2016入間航空祭の飛行概要(当日および事前訓練、PDF)がJAPAウェブサイトに掲載されています。たいへん興味深い資料です。(2016.10.25)

https://www.japa.or.jp/category/notice


2016阿波おどり(8/11-12)ノータムについて、末尾に追記しました。


7月15日(予行)、16日(本番)に横浜で実施される「ブルーインパルス展示飛行」に関するノータム(羽田空港)が出ていました。(他に、同イベントの花火ノータムあり)

空域の位置関係について、簡単にメモします。

Bimpulsefltarea

飛行区域は上図青枠の1000~3000feetです。

» 続きを読む

NOPAC(北太平洋)航空路に迂回措置(7/7-8)

当初8日までの予定でしたが、7日で終了し、通常ルートに戻った模様です。


たまたま見かけたノータムでしたが、ちょっと興味を引かれる内容でしたので、簡単にメモします。見落としや間違いもありえます。詳細は読者各位にてご確認ください。

("THE RUSSIAN NAVY PLAN OF ROCKET TEST FIRING"「ロシア海軍ロケット試験発射計画」関連)

影響があるのは下図の範囲で、迂回ルートが指定されています。(択捉島の東)

Notamj4075(SkyVectorで作成)

上図は日本のATMCから発表された範囲で、ロシア側が"TEMPO DANGER AREA"としているのは↓です。

Notamp6367(SkyVectorで作成)

» 続きを読む

飛行ルートの「延伸率」と横田空域について考える(3)

下記の続きです。

飛行ルートの「延伸率」と横田空域について考える(2)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-5235.html


2015年のCARATS協議会報告書には、羽田-大阪間の飛行ルートについて、下に引用する説明図が掲載されています。

Carats201503(出典:将来の航空交通システムに関する推進協議会 2015.3)

羽田では特に西・南方面からの到着便数が多く、西日本とアジア各地から続々と飛来する飛行機を、基本的には1本の滑走路に着陸させています。そのために、かなり手前から順番をつけ、適切な間隔(注)を空けて1列に並べるための作業(管制官の指示で、速度の加減やレーダー誘導)が始まります。間隔が空きすぎれば、貴重なリソースである発着枠がムダになってしまいます。(注 使われる進入方式により異なる。後述ATSシンポの動画で説明されています)

静岡から神奈川の沖合いが到着機を順番に並べる場所(空域)になっていて、Flightradar24などで日々その様子を観察することができます。羽田再拡張後の運用がこなれてきたことが、延伸率の改善につながっているのでしょう。

» 続きを読む

飛行ルートの「延伸率」と横田空域について考える(2)

下記の続きです。

飛行ルートの「延伸率」と横田空域について考える(1)
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/hnditm-20min-ex.html


「進入管制区」とは何か。基本知識としてお勧めします。(特に、「管制圏」という用語とは区別しないと話が通じません)

進入管制区・特別管制区(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000342.html

航空管制業務について(同)
http://www.mlit.go.jp/common/000164767.pdf


「横田空域問題」について、今でもよく引用されている図(定期航空協会、2006年5月)があります。

見覚えのある方も多いことと思いますが、なにせ10年も前、つまり昔の話です。

Teikokyo200605

羽田空港からの出発経路

西方面行きの出発便は、大阪行き(*)を除き、
横田空域を避けて、その上空を通過しなけれ
ばなりません。

このため、羽田空港を離陸した航空機は、
あらかじめ東京湾内で大回りしながら、横田
空域上空を飛び越えるための高度まで上昇
を行う必要があります。

(*) 羽田発大阪行きについては、横田空域が通過可能
となるよう、昭和37年に運輸省と米軍との間で特別
に措置されましたが、横田空域通過後、最適飛行高
度まで再上昇しなければならず、依然、非効率な飛
行となっています。

横田空域の民間航空機利用について - 定期航空協会
http://www.teikokyo.gr.jp/pdf/20060511_pamphlet.pdf

この半年後、定航協は、要望していた問題に解決の道筋がついたことについて謝辞を述べています。

» 続きを読む

飛行ルートの「延伸率」と横田空域について考える(1)

延伸率とは、国土交通省が設けている「将来の航空交通システムに関する推進協議会(CARATS)」が発表している指標で、空港間を最短で結んだ大圏距離に対して、実際の飛行距離がどのくらい迂回しているか、航空管制レーダーの記録から集計したというものです。

路線毎の大圏距離(比較の基準)と実飛行距離の差分を飛行経路の延伸距離として算出し、大圏距離に占める延伸距離の割合を延伸率とする。

統計の対象は、羽田発着の主要5路線となっています。

対象路線:羽田-新千歳/大阪/関西/福岡/那覇

第6回 将来の航空交通システムに関する推進協議会
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk13_000009.html

資料5-6:費用対効果・指標分析検討分科会 平成27年度 活動報告書
http://www.mlit.go.jp/common/001125076.pdf

Cara2016detourrate

H24年度からH25年度にかけて大幅に改善しているように見えますが、ここはデータの取り方が変わっているため、そのまま比較できないとのこと。(昨年の報告書では、H25年度分は15.2%と発表されていました。それ以前については、今後修正する予定のようです)

ともあれ、H26 (2014)年度の延伸率は、平均で14.1%という結果が示されています。

惜しむらくは、個別路線については、グラフだけで数字の発表がないこと。また、改善された要因の分析などもあれば、読み物としてもおもしろいと思うのですが。

» 続きを読む

ソラシドエア (SNJ / 6J)がRNP AR進入の航行許可を取得?

会社からのリリース等はまだ出ていないようですので、題名に?を付けましたが、6月1日付でJASMAが公開したRNAV航行許可機リストで確認しました。さかのぼって調べたところ、先月、5月12日付のリストから変わっていました。

対象は同社の全機材、B737-800 12機となっています。(JA801X - 812X)

対象空港と進入方式

RNP AR APCH: RJTT-RNAV(RNP)RWY23, RJFM-RNAV(RNP)Z RWY09, RNAV(RNP)Y RWY09, RJFT-RNAV(RNP)Z RWY25, RNAV(RNP)Y RWY25, RJFO-RNAV(RNP)RWY01, RNAV(RNP)Y RWY19

(羽田、宮崎、熊本、大分です)

RNAV/RNP Approved Aircraft registered in Japan
http://www.jasma.jp/reports.html

上記ページに掲載の表(Excel)でご確認ください。

すでに営業運航で使われているのかどうかは不明です。(FR24の航跡をいくつか見た限りでは確認できず)

» 続きを読む

伊勢志摩サミットにともなう飛行ルートの変更、28日(土)まで

本題から外れますが、5月27日 AF1が岩国基地着陸時にオーバーラン(?)について、後半に追記しました。


伊勢志摩サミットの開催にともない、志摩観光ホテルの周辺に飛行制限区域が設けられます。

伊勢志摩サミット会場上空における飛行制限区域等の設定(国土交通省航空局)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku02_hh_000098.html

このエリアを通っている航空路が使えなくなるため、「平成28年5月25日(水)午前0時から29日(日)午前0時まで」の間は迂回ルートが使われます。期間中だけ設定されるRNAVルートやウェイポイントもあります。詳細は航空路誌(補足版AIP SUP 042と064)をご参照ください。

言うまでもなく、影響が大きいのは中部国際空港(セントレア)です。志摩半島上空から串本へ抜ける出発ルート(ISE ONE DEPARTURE)が使えないため、大津経由の迂回ルートが指定されています。

迂回ルートの例(5月25日SIA671便)

Fltaware160525sia671(図:FlightAware)

羽田出発便では、台湾や香港方面の出発方式がJYOGAからYANAGになるなどの変更があります。(富士山の見える側が変わる)

そのあたりは予想の範囲内と言えますが、意外なところにも影響があります。また、変更はサミットの終了後も28日(土)まで続くのも注意点です。

目を引くところでは、成田→関空線の迂回幅が大きくなっています。

成田→関西 通常ルート(昼間)

Nrtkixroute(SkyVectorで作成)

» 続きを読む

Flightradar24 表示される/されない航空機(登録番号)リスト

「ウェブページ」(PC閲覧用ページの左上枠に掲出)から再録したページです。(内容は同一です)


2015.4から、Flightradar24が日本でも一部エリアでMLAT(マルチラテレーション)を開始したとのこと。

MLATにより、ADS-B非装備の機体も表示されることがあります。

(関連記事)
Flightradar24 日本でもMLATを開始?
http://arctica1.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/flightradar24-m.html

MLATでは、追跡できるエリアと高度に制約があり、航跡で判別できます。

Fr241504mlattrk


JA616J (JAL Boeing 767-346ER)は、FR24ではJA6i6Jと誤登録されています。616Jで検索すると表示されません。

http://www.flightradar24.com/data/airplanes/ja6i6j/


» 続きを読む

羽田空港出発(出発・離陸)ルートマップ

スマホ未対応です。クリックやタップの処理を入れてないので、ルート図は表示できてもウェイポイントの情報が見えません。(PCではマウスオーバーで表示できます)


2016.3.3付で変更多数(木更津VOR廃止関連、他)

3.3以降の羽田空港SID名称

(RNAV)
JYOGA TWO DEPARTURE   
KANEK TWO DEPARTURE   
MITOH TWO DEPARTURE   
MIURA TWO DEPARTURE   
PLUTO TWO DEPARTURE   
SEKID TWO DEPARTURE   
YANAG TWO DEPARTURE   

(非RNAV)
HUMMINGBIRD TWO DEPARTURE    (FOR JET AIRCRAFT ONLY)
ISOGO TWO DEPARTURE   
SEKIYADO TWO DEPARTURE   
VADAR ONE DEPARTURE   
ZUSHI TWO DEPARTURE    (FOR PROP ONLY)
OPPAR THREE DEPARTURE    (深夜)

詳細は航空路誌改訂版をご参照ください。

160303rjttamdt

OPPAR 3 DEP

160303ttoppar3


2015年3月5日に関東のVOR 6カ所(大子、阿見、銚子、御宿、館山、新島)が廃止されます。図上の各ポイントは読み替えてご覧ください。

Daigo VOR(GOC)        DAIGO(ダイゴ)
Ami VOR(TLE)        COLOR(カラー)
Choshi VOR(CVC)        INUBO(イヌボ)
Onjuku VOR(OJC)        MESSE(メッセ)
Tateyama VOR(PQE)    UTIBO(ウチボ)
Niijima VOR(NJC)    KOUGA(コウガ)


羽田空港出発時の標準飛行ルートをGoogle Map上に示した地図集です。

引用したチャート類は、AIS JapanのWEBサイトからダウンロードできます。(無料、利用者登録必要)


  • マーカーの文字はフィックス(位置通報点)名のイニシャルです。マーカー上にマウスポインタを置くと名称と緯度経度を表示します。
  • 緯度経度はdecimal formatで表示しますので、AIPの表記(度分秒形式)とは異なります。・任意の場所をクリックすると、緯度経度とGoogle高度サービスが応答する標高を表示します。
  • 羽田・成田にはRNAVではない(従来航法の)発着方式も使われています。詳細はAIP等をご参照ください。
  • さまざまな理由で、通常と異なるルートが使われることがあります。


羽田空港 RNAV出発方式
Google Maps APIによる参考ルート図と目的地

» 続きを読む

«WEBチャートのSkyVectorがフライトプラン機能を刷新